menu
  • YouTube
  • 国民民主党
  • Facebook

活動報告

地方レベルでも「働くもの・生活者」の目線から政策提言

群馬県においては、国民民主党・立憲民主党所属議員を中心とした「リベラル群馬」という会派を構成。県連会長の後藤克己県議が代表を務めています。
2019年12月16日には、山本一太知事に対し、「2020年度予算に対する提言」を行いました。「働くもの・生活者」の目線から、県政の方向性を「成長・拡大」志向から「持続可能性」重視へと転換すべきという提言となっています。

   リベラル群馬予算提言ダウンロード(PDF)   >

一覧に戻る >